みる・きく・よむ

『パルフェ(Parfait)』第2号(2016年1月)

Webマガジン『パルフェ(Parfait)』第2号は、「輸注記録の問題」「保因者・女性の問題」をテーマに採り上げました。

​普段わずらわしいと思いがちな「輸注記録」について、その意義や活用方法を、詳しく楽しく解説していただきました。また、血友病の保因者診断の専門家から「血友病とともに生きる女性」に向けて、温かいメッセージが届いています。
本号から各地域の患者会活動についてお届けする「地域友の会からの便り」も開始しました。ぜひみなさんでご覧いただければ幸いです。

 

『パルフェ(Parfait)』第2号 目次
 

  • 巻頭言
    佐野竜介
  • 血友病はコンコーダンスの時代へ
    西田恭治
  • なぜ輸注記録をつけるのか?
    鈴木伸明
  • 輸注記録の経験談
    田中良明 T・K 下永淳暉 T・A
  • 保因者の検査について知っておいてほしい大切なこと
    篠澤圭子
  • 日本における青年患者会が出来る事、すべき事
    早川祐哉
  • 地域友の会からの便り(大分ヘモフィリア友の会)
    中島洋
  • 地域友の会からの便り(メガロポリスTOKIO)
    梅原昌宏
  • 漫画『ANGEL BLOOD 2』
    冬塔堕美杏

 

全文をご覧になるにはこちらから。(ヘモフィリアひろば会員限定)
会員登録がお済でない方は、新規会員登録を行ってください。

※画像をクリックすると一部を閲覧できます。