みる・きく・よむ

血友病治療/ケアについて(7冊)

マークがついている冊子は、本サイトからも入手できます。「冊子申し込みフォーム」からお申し込みください


出血チェックシート 

お子さんの出血チェック(0〜6歳目)

あなたの出血チェック(青少年対象)

監修:吉川喜美枝(聖マリアンナ医科大学病院看護部)、その他
発行:ノボノルディスクファーマ
株式会社
A4版1ページ

出血をチェックし、早期に治療を行うためのチェックポイントが書かれたシート。0〜6
歳くらいまでと、青年〜大人対象の2種類を用意。

→冊子申込みフォーム


血友病と訪問看護 
編集協力:吉川喜美枝(聖マリアンナ医科大学病院)
           和田育子(荻窪病院)
           吉村泉、塩澤昌子、根井佳織(訪問看護ステーションにしようこれです)
発行:ノボノルディスクファーマ
株式会社
A5変身版15ページ

訪問看護の利用を考える患者さまへ向けた簡単な解説と体験談が掲載されています。

家庭輸注、リハビリテーションを考える患者さまはご参考になってください。

→冊子申込みフォーム


治療と暮らしのガイドブック 
編著:藤井輝久(広島大学病院輸​​血部)
   野上恵嗣(奈良県立医科大学留学病院小児科)

発行:バイエル薬品株式会社
B5版30ページ

血友病と診断されたときに、患者さんご自分が知っておきたい情報をまとめた冊子です。
血友病について、症状、治療、年齢別に気を付けるポイントをまとめた「血友病管理の年代別のポイント」など、より安全に、より快適に、病気とうまく付きあうことができ、毎日を過ごすために役立つ暮らしのヒントを見つけていただくことができます。

→冊子申込みフォーム


血友病患者さんの節目のケア(ECHO合本) 
著者:小野織江、野田雅美(監督白聡(北九州八幡東病院))
発行:バイエル薬品株式会社
B5版52ページ

血友病患者向きの情報誌ECHOの「節目のケアシリーズ」をまとめたもの。

乳幼児、幼稚園、学童期、思春期、青年期、中高年期のそれぞれの年齢層に分けたQ&A集。各年齢層の節目節目で必要とされる、35個の生活に密着したトピックスが列挙されており、非常に参考になります。

→冊子申込みフォーム


患者さんとご家族のための血友病Q&A 
総合監修:高松純樹(名古屋大学医学部附属病院)
発行KMバイオロジクス株式会社
A4版、29ページ

「血友病とはどんな病気ですか?」「注射は、朝と夜、どちらがよいですか?」などのQ&A形式でまとめ、各Q&Aごとに図を使った

血友病とはどのような病気なのか、どのような症状が見られるのか、どのような治療があるか、経済的に心配なことはないだろうか、成長するにあっての問題はなんだろうかなど、さもざまな疑問がわいてくると思います。この小冊子は、少しでもそのような疑問に答えられればという目的として作りました。(巻頭より抜粋)

→冊子申込みフォーム


これから家庭治療を始めた血友病患者さんと
ご家族のための家庭治療マニュアル

編集:瀧正志(聖マリアンナ医学大学
発行:シャイア・ジャパン株式会社
B5版17ページ

小さな子供の定期補充療法を中心に、家庭治療についてまとめた手引書。

血友病の患者さん、それでご家族の方のQOL(生活の質)は、家庭治療の導入によって、出血時に速やかに補充療法を行うことが出来るように、大幅に改善されました。しかし、出血時の補充療法だけで、重症型(因子が1%未満)の患者さんの関節症は阻止できません。北欧、英国などでは乳幼児期の超早期から定期補充療法を行うことにより、重症型を軽症化させ、明かな外傷が無く出血する非外傷性関節出血を未然に防ぎ、関節症を阻止する治療法が試行され、現在では小児血友病治療の標準的な治療法となりました(巻頭より抜粋)
 


血友病デンタルクリニック 
編著:高木伸二(医療法人黒崎歯科医院)
  :溝部潤子(神戸常磐大学短期大学部)
監修:白湿聡(産業医科大学病院)
発行:バイエル薬品株式会社
B5版、20ページ

血友病の患者さんにとって歯科治療を受け入れることは、日常生活の中で特別なことと感じている方が多いのではないでしょうか。(中略)毎日のメモをしっかりすることで、虫歯や歯周病による抜歯を予防することができます。本書では、血友病患者さんの歯科治療や、予防方法などを紹介しまています(巻頭より抜粋)

→冊子申込みフォーム