みる・きく・よむ

子供向けの絵本/冊子(7冊)

マークがついている冊子は、本サイトからも入手できます。「冊子申し込みフォーム」からお申し込みください。


かた丸くん ありがとう 
監修:三間屋純一 (静岡県立こども病院)
監修:瀧 正志 (聖マリアンナ医科大学)
作・絵:中村 三奈
文:三上 祥弘
発行:バイエル薬品株式会社
B5 ハードカバー、38ページ

幼児向けの血友病の絵本。

まなぶ君は血友病を持った5歳の男の子。からだを動かす遊びは大好きだけど、ケガをして注射を見るたび大泣きしちゃう。そんなまなぶ君を励ましに、ある日、"かた丸くん"がやってきた。
本当に良くできた絵本です。小さなお子さんを持つ親御さんは是非とも入手して、読み聞かせてあげてください。​

→冊子申し込みフォーム


おしえてかた丸くん どうして注しゃするのかな? 
編著:長江 千愛 (聖マリアンナ医科大学 小児科)
   山下 敦己 (聖マリアンナ医科大学 小児科)
発行:バイエル薬品株式会社
B5版、21ページ

小学校低学年の血友病患者さんを対象にした冊子です。

血友病の患者さんはどうして注射するのかな?そんなお子さんの疑問にかた丸くんがお答えします。
いたい時はがまんしないこと、歯磨き、スポーツなどの大切さについてもかた丸くんがアドバイスしてくれます。

→冊子申し込みフォーム


もっと知っておきたい
ぼくの体のことだから 

編著:酒井 道生 (宗像水光会総合病院 小児科)
   小野 織江 (産業医科大学病院 血友病センター)
発行:バイエル薬品株式会社
B5版、30ページ

小学校高学年の血友病患者さんを対象にした冊子です。

自己注射をしながら毎日元気に楽しく生活するために、知っておいて欲しいこと、約束して欲しいことなどが掲載されています。血友病のこと、自己注射をする上で必要な知識などを確認できるテストもついているので、ぼくの体のことをもっと知ってもらうことができます。

→冊子申し込みフォーム


知っておこう!血友病のこと 
監修:日笠 聡、大塚 欣敏 (兵庫医科大学)
企画:牛尾 里美、森 洋子 (兵庫医科大学)
絵:中村 三奈
発行:バイエル薬品株式会社
A4横、36ページ

幼児向けの血友病の紙芝居形式の絵本。

「まなぶくん」と「かた丸くん」が血友病について易しく教えてくれます。紙芝居形式になっているので、読み聞かせにも最適です。後半はクイズになっており、お子さんの病気への理解度を確認することができます。​

→冊子申し込みフォーム


止血戦隊 ファクターレンジャー FactIII
~あらたなる敵~ 
監修:天野 景裕 (東京医科大学臨床検査医学講座)
   長江 千愛 (聖マリアンナ医科大学小児科)
作画:小栗 かずまた
発行:バクスアルタ株式会社
B5 ハードカバー、34ページ

小学生低学年向けの絵本、ファクターレンジャーの第三弾。

今回のファクターレンジャーでは、あらたなる敵「インヒビター」が現れます。いつもの注射をしていても出血がコントロールできず痛みが続く場合には、インヒビターができているかもしれません。その場合には新しい注射を使っていきます。インヒビターができても大じょうぶ  ファクターレンジャーたちがまもってくれるからね!

→冊子申し込みフォーム

 


こんなときどうする?
絵:なかむら しんいちろう
デザイン:山本めぐみ
構成:田中尚人
発行:血友病とともに生きる人のための委員会
34ページ(税別:800円)

幼少期の子供向けの絵本。

私たち委員会は、血友病と共に生きる人々が、自らの意志で安全な医療を選択できる環境、安心して生活できる環境を実現することを掲げています。そのためには幼少期から自分の体のことを理解することが大切だと考え、その最初のステップとして、この絵本を作りました。(巻頭より抜粋)

製薬会社ではなく、血友病患者さん達による血友病とともに生きる人のための委員会(JCPH)により作成されました。JCPHのページから購入申し込み可能です。


トッドシリーズ 

トッドきしゃのたび

トッドの日記

トッドの血友病についての正しいこと

 

 

 

日本語版監修:ヘモフィリアナースミーティング神奈川 (聖マリアンナ医大病院)、ほか
総合監修:瀧 正志(聖マリアンナ医科大学)
発行:ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
A5版、10ページ + チェックシート

3冊からなる、子供向け血友病教育資料で、対象年齢がそれぞれ、0~6歳、7~10歳、11~16歳と年齢に合わせた血友病の勉強ができるようになっている。また理解度を測るチェックシートも数枚添付。​

→冊子申し込みフォーム